お母さん、まさかボケ始めてないよね?実家の親が心配でした

      2017/10/13

 

老いた親

 

無駄に広い実家には、年取った両親が二人で暮らしています。

少し前まで兄夫婦が同居していたけれど、兄の転勤のために新幹線の距離に引っ越してしまいました。

嫁姑の関係は良好?とはいえ同居はお互い気をつかうだろうし、共働きの兄夫婦をサポートして孫の面倒やら家事やらで長年忙しかった母なので、少しゆっくり出来るかと思ったら何だか様子が変なのです。

 

 

 

今までと様子が違う…話が噛み合わない!?

本当はちょくちょく様子を見に行けたらよいのだろうけど、往復1時間ほどの距離とはいえ、なかなか頻繁には顔を出せません。

便りがないのは無事な知らせ、夫婦二人で平和に暮らしているだろうと、兄夫婦が同居していたころの習慣であまり電話もしていませんでした。

それでもたまに電話すると、以前と違い、なんだか声に元気がないのです。

寝てた?と感じるような声の調子です。

電話しても「忙しいやろ、切るで。」と言って、一方的に電話を切ってしまいます。

お喋り大好きな母が…一体どうしたのか。

心配になったので、実家に様子を見に行きました。

 

リビングで一人ぼんやり座る母

私が行くと、「あぁ、来たんか…。」と元気のない声です。

母の好きな韓流ドラマの話をしても、

「最近、あんまり見る気になれへん…」

どうしたの?大丈夫?どこか悪い?心配になります。

こちらの近況を話しても、二人とも元気にしてるのか尋ねても、微妙に話が噛み合わなくて会話が続きません。

こんな様子の母は初めてです。

ずっと世話を焼いていた孫(兄の息子)が社会人になり家を離れ、次いで兄が転勤で引っ越していき、環境が急変しています。

ゆっくり出来るかと思ったら、生活に張りがなくなって一気に老化が進んだのでしょうか。

本当に心配です。

 

高齢者は環境の変化に弱い

心配で色々調べたら、高齢者は環境の変化に弱いという記事が山のようにありました。

環境の変化がきっかけで、要介護になったり、認知症のきっかけになったり悪化したり、鬱になったり…。

「ゆっくり出来て良い」なんて、とんでもない大間違いでした。

姉とも相談したのだけれど、子どもの誰かと同居するにしても住み慣れた家を離れなくてはなりません。

これはまたこれでストレスです。

一番良いのは兄夫婦が戻って来ることだけど、今回の転勤はたぶん定年まで戻ってこないです。

姉と協力して小まめに様子を見に行くくらいしか方法がない…そんな状況でした。

 

母が再び元気に!その理由は…

小まめに様子を見に行こう…と思いながら、フルタイムで働いているとなかなか時間が取れません。

最初は週に1回くらい顔を出そうと思ったけれど、徐々に2週間に1回、月に1回になり…。

それでも、段々と電話の声に張りが戻って来ていました。少し安心です。

 

先日、頂き物の果物をおすそ分けしようと、久しぶりに顔を出しました。

そうしたら、母がすごく元気なのです。

電話の様子で元気そうだと思っていたけれど、本当に元気なのです。嬉しい~。

冗談をいってゲラゲラ笑い、以前の生き生きした様子に戻っています。

姉と二人、電話したり様子を見行ったりして支えた甲斐がありました。

あぁ、本当に良かった…。

 

母に「お母さん、すごく楽しそうやけど、何かいいことあったの?」と尋ねると、

「これを飲んでるからかな?最近は調子いいわ~」とジェルカプセルのシートをみせてくれました。

プラズマローゲン

 

なにこれ?

箱にはプラズマローゲンと書いてありました。

(外箱の写真を撮ったつもりだったけど消えてしまった…)

 

兄が手配したプラズマローゲン

母の様子がおかしいのを、当然兄も知っていて心配したそうです。

同居してたんだから、母の変化を一番感じたのは兄だったのかも知れません。

それで、心配した兄が手配して母がずっと飲んでいるのが、プラズマローゲンという↑のサプリメントです。

調べたら、65才以上の認知の低下にプラズマローゲンの減少が関係するとか何とか…。

高齢者が生き生きと、毎日を快適に暮らすのをサポートしてくれるサプリメントのようです。

 

心配してちょくちょく顔を出す娘たちよりも、息子が贈ってくれたサプリメントが良いのね…。

長男教の母ですから当然の反応だけど、少し寂しいかな。

それでも母が元気になってくれたから嬉しいですけどね。



 - 実家の問題