【転倒防止】高齢で足腰が弱った両親のために(その1)

杖をつく高齢者

私の実家では、高齢の両親が二人で暮らしています。

父は86歳、母は80歳です。

最近、二人とも足腰が弱ってきていて、特に母は何度か転倒しています。

高齢者が転倒すると、最悪の場合、骨折から寝たきりになってしまいます。

そうならないように、両親の安全のために対策することにしました。

ウォーキングポールで安全に歩く

転んで危ないからと家にこもっていたら、寝たきり老人まっしぐらです。

転ばぬ先の杖を持って、外に出てほしい 😮 。

杖は年寄り臭いと嫌がるので、ポールウォーキングに使う二本杖を買いました。

両手で持つほうが姿勢も良くなるし、高齢者向けのものが売られています。

シナノ あんしん二本杖

シナノあんしん二本杖

母が選んだ、赤い二本杖です。

スポーティーなデザインでカッコいい 😎 。

高齢者向けのモデルなので、細かいところでお年寄りに優しい設計になっています。

あんしん二本杖

身長に合わせて杖の長さを変えられます。

身長の目安が書かれているので、杖の長さを合わせやすいです。

長さを合わせた時に出るポッチの色(画像では金色)が、1段ごとに変わるので、左右で長さが違う…なんてことになりません。

あんしん二本杖のグリップ

ポールは右手用と左手用に分かれています。

間違わないように、右と左でグリップの色が違っています。

ポールウォーキングは少し練習が必要

高齢者のポールウォーキング

若い人と高齢者では、同じポールウォーキングでも歩き方が違います。

スポーツの場合は、身体より後ろに杖をついて、加速するように歩きます。

高齢者の場合は、身体の前で、出した足に合わせるように杖をつきます。

[38th 国際福祉機器展] あんしん2本杖 – 株式会社シナノ

うちの母が運動音痴なのかも :mrgreen: だけど、慣れるまで付き添って練習が必要でした。

同じ二本杖を使っているお年寄りを見かけるけれど、間違った使い方をしていてハラハラします。

スポーツのように、身体の後ろに杖をついていたり、杖を引きずって歩いてるんです。

それでは転倒防止にならないのでは?

正しい使い方で安全に歩けるように、しばらく母のウォーキングに付き合います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました