歯が真っ二つに割れたけど、抜かずに治療できた話

      2017/10/13

 

固いものを食べて歯が折れるイメージ

 

歯磨き嫌いの子どもでした。

治療済みの歯は一体なん本あるんだ?というくらい、歯医者さんに通っています。

さすがに大人になってからはせっせと歯磨きしていますし、最近は

  • リステリンNo.6
  • ソニッケア
  • アパガード
  • フッ素ジェル
  • デンタルフロス
  • 歯間ブラシ

これらを駆使して歯の健康を維持すべく頑張っています。

これだけやっていても、むかし治療した歯は次々とトラブルを起こします。

 

 

小臼歯が痛くて噛めない

神経を抜いた歯は弱くなっています。

いつの間にか脆くなっていた奥歯が割れて、抜歯→ブリッジという定番コースも2度経験しました。

そして今度は犬歯のとなり、小臼歯に違和感が…泣

噛むと痛いというか違和感というか、しっかりと噛めない状態に。

歯医者さんに行ってレントゲンを撮っても異常なし。

「まぁ、ヒビは写らないですけどね。」と不安なお言葉。

セラミックを被せている歯だから、外すのはもったいないので、歯周病治療で様子を見ることになりました。

 

セラミックよサヨウナラ

歯周病治療に何度か通って、痛みはなくなったけど相変わらずしっかりと噛めない状況です。

それどころか、だんだんと歯がグラグラしてきました。

歯茎の状態も悪く、歯周ポケットがどこまで深い?っていうくらい、糸ようじのお尻がズブズブと入っていきます。

これはダメだと、セラミック冠を外して治療することになりました。

※治療の日が来るまでに、私はある秘策を講じたのです。おかげで歯は抜かずに済みました。

 

 

結局、割れてるんかーい

セラミックを外して中をみた歯医者さん、「ああ…」と残念そうな声で

「ちょっと見てください。真っ二つに割れてますね。」

青竹を割ったみたいに、キレイに割れてましたよ。小臼歯さん。

歯医者さんの説明によると、むかし治療した歯は、土台に金属を使っています。

金属は歯より硬いので、噛んでいるうちに楔を打ち込むようにして歯が割れるそうです。

最近は土台も白い材質なので、そんなことはないらしい。

一つ賢くなりました。

歯科医院のイメージ

 

抜歯せずに治療完了!

割れた理由はわかったけれど、割れてしまった小臼歯はどうなる?

やっぱり抜くのか?

この場所ならセラミックのブリッジ?いくらかかる?

いや、インプラントか?30万円コースなのか?

こんな状況でも真っ先にお金のことが気になる節約主婦でありますが、歯医者さんの判断は…

「幸い、膿もたまっていないしキレイなので、一か八か、接着性の高い材料でくっつけましょう。」

よっしゃ!計画通り!

その日のうちに割れた歯をくっつける形で土台を作っていただき、わたしの小臼歯は復活したのでした。

 

割れた歯を救った秘策とは?

歯根嚢胞とか根っ子が膿んでるとか、そんな状態だと恐らく抜歯になります。

最近の歯科材料は接着性が高いとネットで調べて知っていたので、感染さえなければ残せるかも…と思い、事前にあることをしてから治療に臨みました。

その秘策とは…

ジスロマック(アジスロマイシン)を飲む

ジスロマックは、「ジスロマック・ハリゾン療法」を勧められた時に知ったのだけど、歯周病に劇的に効く抗生物質です。

これを飲めば、あーら不思議。ずっと臭かったグラグラ小臼歯の臭いがスッキリ消えてよい感じ。

この状態で治療していただいたのです。

しっかり接着してもらって治療を終えた小臼歯ですが、あれから2年経つのだけど、今も普通に使えています。

違和感なし、臭いなし、歯茎の状態も良好です。

ジスロマック(アジスロマイシン)は薬局では買えません。

わたしは自己責任で、個人輸入しました。

1日1回、250㎎を2錠(=500㎎)、3日間飲めば、1週間効果が持続します。

わたしが買ったアジスロマイシンはこちら↓↓



 - 健康に暮らす